【外国人観光客との接客をスムーズに】英語研修を実施しよう

新人研修の目的

講演

新入社員の戦力化

新入社員とは、会社に新しく入って来た社員のことを言います。高校や大学卒業後に、社会人経験なしで入社する人を対象にして行う研修が、新入社員研修です。新卒者は社会人の経験がありませんので、ビジネスマナーや社会人基礎力といったものが備わっていないと言えます。会社で働き始めると、先輩社員や顧客、取引先などの人たちと接することになりますが、新入社員だからと言って、許されないのが社会です。このため、社会人に必要とされるビジネスマナーや最低限のスキルを習得させることが、新入社員研修の目的です。まずは、学生気分を払拭して、社会人として、かつ会社の一員であることを自覚させる意識改革が第一にあります。また、会社の理念や事業目的など、会社に対する理解を深めさせる機会としても、新入社員研修は絶好の機会となります。近年、新卒入社後、3年以内に3割が退職するという3年3割問題がクローズアップされています。早期離職は社会的な問題でもありますが、会社にとっても少なからぬ経費や人員を投入して獲得した人材が、早期に会社を去ることは大きな損失となります。こういった事態を回避するためにも、会社が目指すべき目標、その達成に向けて自分が何を達成するかの目標設定などにより、労働意欲をかき立てることができます。また、新入社員研修により、ビジネスマナーや文書作成などのビジネススキルを習得させるとともに、同期として横のつながりを形成する機会も提供してくれます。このつながりは、仕事を続けていく中で、大きな財産となっていきます。

Copyright© 2018 【外国人観光客との接客をスムーズに】英語研修を実施しよう All Rights Reserved.