【外国人観光客との接客をスムーズに】英語研修を実施しよう

新人研修の目的と準備

講師

新人研修のやり方

景気の回復とともに、新卒社員の採用も少しずつ増えています。新卒社員は大学や高校を出て初めて社会に出ますので、ビジネスマナーはもちろんのこと社会の一般常識も十分に持っていません。このため、会社は新入社員研修を行います。新入社員研修は、新卒社員に社会人であること、会社の一員であることについて自覚を持たせるとともに、研修期間終了後の配属先で即戦力として働けるようにすることを目的としています。名刺の渡し方や着席順などのビジネスマナーや報連相といった仕事の基本を教えたり、社内におけるルールやビジネス文書の書き方などを習得します。新入社員研修のカリキュラムは、その会社の経営理念と理想とする人材像の育成に即した内容を準備することが必要です。そして、新入社員研修の期間に応じて、コマ、時間、その講義に適した講師を社内、外部に依頼することになります。社員が研修を行う場合、講師になった社員が新卒社員にわかりやすく話をするためには、自分の職務の内容を分析、整理することで、改めて自分のスキルを磨くことになります。新入社員研修を実施して研修は終わりではなく、アンケートを実施して研修計画の改善を図ることも重要です。さらに、研修の成果が現場で発揮されているかについて調査や分析を行うことも必要です。加えて、新卒社員に対してその後のフォローアップ研修も必要です。また、研修をルーティンで行うのではなく、現場からの人材育成に対する意見を取り入れながら研修のレベルアップを図っていくことも大切なことです。

Copyright© 2018 【外国人観光客との接客をスムーズに】英語研修を実施しよう All Rights Reserved.